×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<<< トップページ
イタドリ (虎杖)
タデ科 イタドリ属、 草丈 50〜150cm、 花期 7〜10月
北海道〜九州に分布し、山地の日当たりの良い草地や林縁などに生える多年草
茎は中空で節があり、早春にタケノコ状に芽吹いた茎は山菜として食用される。
葉は楕円形で互生する。
雌雄異株で、雄花はおしべが花弁の間から飛び出すように伸び、雌花はめしべよりも花弁の方が大きくなる。
雌花は花後に3片の翼状の中心に種が出来る。

2011年 7月 長野県 根子岳にて






2005年7月   長野県長野市戸隠にて


2005年8月   長野県小県郡長門町にて






2002年9月   長野県長野市戸隠にて


2007年9月北信地方にて


↑トップへ