×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<<< トップページ
アカバナシモツケソウ (赤花下野草)
バラ科  シモツケソウ属、  草丈40〜80cm、  花期7〜8月
本州(長野、山梨、新潟、栃木)の亜高山〜高山帯の草地や湿原などに生える多年草
シモツケソウの高山型変種とされ、その特徴としては、
 ・シモツケソウは北海道〜本州(中部以北)に分布し、山地の草地に生えるが、
 アカバナシモツケソウは本州(関東、甲信越)の亜高山〜高山帯に限られるようだ。
 ・葉は根生葉と互生する茎葉があり、奇数羽状複葉で、頂小葉は掌状に5〜7裂し、 縁には重鋸葉がある。
 葉柄にある側小葉は小さく、数対つく。
 ・花後のそう果には縁毛があり、これがアカバナシモツケソウの特長とされるようだ。

2012年 8月 新潟県 平標山にて






















2000年7月 八島ヶ原湿原にて


↑トップへ