×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<<< TOP
コウシンソウ庚申草
タヌキモ科 ムシトリスミレ属、 草丈5cm 花期 6〜7月
自生地は栃木県の庚申山、男体山、女峰山及び群馬県の袈裟丸山で見つかっていて、
庚申山の自生地は国の特別天然記念物に指定されている。
生育地は標高2000m付近の霧が立ち込める寒冷多湿な環境の岩壁に生えている。
食虫方法は葉や花茎から分泌した粘液で小さな虫などを捕らえ消化吸収している。 

2011年6月 栃木にて













2010年6月 庚申山にて











トップへ