×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<<< スミレTOP
マルバスミレ (丸葉菫
スミレ科スミレ属草丈5〜20cm花期4〜5月
北海道〜九州に分布し、山地の林などに生える多年草
特徴として、
・白花で唇弁に紫条の筋があり、側弁には毛が無いものと毛が有るもの(ケマルバスミレ)がある。
側弁に毛が無いものをマルバスミレと呼ぶが、希薄なこともありケマルバスミレも含めてマルバスミレと呼ばれているようだ。
・葉は卵形で、マルバスミレは葉や葉柄に毛が無いが、ケマルバスミレには毛が多い。
・地上茎は無い。

2008年4月   埼玉県寄居町 風布川沿いにて










トップへ