×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<<< トップページ
ミヤマアキノキリンソウ深山秋の麒麟草
別名 : コガネギク
キク科 アキノキリンソウ属、 草丈 15〜30cm、 花期 8〜10月
北海道、本州(中部以北)に分布し、亜高山〜高山の草地、砂礫地などに生える多年草
・アキノキリンソウの高山型で、草丈は低く、アキノキリンソウの花序は縦に長く伸びてまばらに付くが、ミヤマアキノキリンソウは茎の頂部にまとまってつく傾向があり、・コガネギクの異名があるように、花の色も黄金色で艶やかだ。
・総苞片がアキノキリンソウは4列だが、ミヤマアキノキリンソウは3列となる。しかし中間型のものもあり厳密な区別は難しい。


2012年 8月 新潟県の平標山にて






2011年 7月 長野県 高峰高原にて






↑トップへ