×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<<< スミレTOP
シハイスミレ紫背菫
スミレ科 スミレ属、 草丈 5〜20cm、 花期 4〜5月
全国に分布し、低地から山地の林などに生える多年草
※ 葉は先端までやや膨らみを帯びていて、葉裏は紫色を帯びていることから、シハイスミレとしたが、
  側弁に毛が生えているのが気になる?→もしご覧になって異種と気付いた方がおられましたら教えてください
通常の見分け方としては、
ヒナスミレの側弁には毛が生えているが、シハイスミレには無毛が多い。(まれに有毛もあるということか?)
ヒナスミレの葉は、先が細身に尖り、基部の湾入が深い。
・シハイスミの葉も良く似ているが、先端までやや膨らみを帯びていて、葉裏は紫色を帯びている。
・シハイスミレの葉茎は斜めに立ち上がるが、ヒナスミレの葉茎は地面に水平に広がるようだ。

2010年3月 埼玉県秩父郡横瀬町にて





側弁内側に毛が生えている
 
 
 
葉は基部の切れ込みが深く、披針形で先がとがる
   
葉の裏面は紫色を帯びている


トップへ