×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シラタマノキ (白玉の木)
別名 : シロモノ
ツツジ科 シラタマノキ属、 草丈 10〜30cm、 花期 7〜8月
北海道〜本州(中部地方以北)に分布し、亜高山帯〜高山帯の岩場などに生える常緑小低木
葉は互生し、楕円形で鋸歯がある。7〜8月頃、5mmほどのドウダンツツジのような釣鐘型の花をつけ、9〜10月頃、萼が肥大して果実を覆い、白い玉状になる。

2011年 7月   長野県 黒斑山にて





2009年10月   栃木県 那須岳にて







トップへ