×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<<< トップページ
ツクバネウツギ (衝羽根空木)
スイカズラ科 ツクバネウツギ属、 草丈 〜2m、 花期 5〜6月
本州、四国、九州に分布し、山地に生える落葉低木
 類似種では、ウコンウツギウゴツクバネウツギなどがある
ツクバネウツギの特長としては、
・枝の先端から共通花柄を出し、5個の同じ長さの萼片をつけ、花冠は二唇状の鐘状漏斗形で、ふつう白色、黄白色の花を2個つける。
・葉は広卵形から長楕円状卵形で対生し1〜3mmの葉柄がある。縁には粗く不規則な鋸歯があり、葉の両面に短い毛が生えるが表面には生えないものもある。

2012年 6月  群馬県多野郡神流町の山地にて






トップへ