×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

<<< トップページ
アズマシャクナゲ (東石楠花)
ツツジ科  ツツジ属  草丈1〜4m  花期 6〜7月
本州(中部以北)に分布し、低山〜亜高山帯の岩場や林内に生える常緑低木
・花の色は紅紫色で、蕾の色が濃いが開花するにつれ薄くなる。雄蕊は10本ある。
・葉は互生し、葉の形は長楕円形で先端は尖り、基部はくさび形で葉柄に流れる。葉の裏面には綿状の毛が密生している。
・アズマシャクナゲより高山帯に生えるハクサンシャクナゲは、葉の幅がやや広く、基部が心形で葉柄につくことで見分けられる。

2011年6月   栃木県 奥日光にて







葉の基部はくさび形で葉柄に流れる

2012年5月 袈裟丸山にて









 


↑トップへ